イベント・展示会レポート

エアストリームディーラーミーティング2016&アメリカツアー

全米のエアストリームディーラーそして世界各国のエアストリームインターナショナルディーラーが一同に会する「エアストリームディーラーミーティング」が年に一回、本社主催により行われますが、今年も5月某日アメリカはコロンバスにてディーラーミーティング2016が開催されました。

dmg

まずは前夜祭、植物園の中にある会場でディナー兼・各ディーラー同士の親睦を深める懇親会からスタート。
kaijou
下の写真は会場でお話させて頂いた、エアストリーム台湾さまとの一枚。
taiwan

本番当日は、宿泊先のホテル横にあるコンベンションセンターにて各部門のプレゼンやエアストリーム2017の新車(詳細は非公開!)発表やトップディーラー賞の表彰式などが行われました。
mtg
下の写真はエアストリームのこれからを熱く語るエアストリームCEOのボブ。
bob

ディーラーミーティングの翌日、実はこれが本命だったエアストリーム本社訪問へ。オハイオ州ジャクソンセンターにある本社と隣接する工場を隅々まで見学してきました。
facture
本社内はなんとエアストリームと同じ、アルミでリベット打ちされた壁で各部屋やデスクが仕切られておりとてもお洒落!そのオフィスについての解説はCEOのボブが自ら実施、このオフィスに至る経緯とコンセプトを共有してくれました。
office
本社と隣接し広大な土地にある工場では、スタートであるベースフレームの組み上げからラストのレインテスト(雨漏りテスト)に至るまで、全行程を見学。工場のラインは、各セクションで専門のスタッフがおり、ほとんどを手作業で1台ずつ組み上げています。
line
オーナーの車両を修理する整備工場では、今でも現役で走る年代物の実車を見ることができました。
owner

また、今回はエアストリームのディーラーミーティングだけでなく、これを機に以前から訪問したかったあのレトロを制作しているリバーサイドRV社を訪問。レトロの制作現場を視察させていただきました。
riverside
koujou
out

下の写真は今回の旅のお供、レンタカーのトランジットくんです。
trandit

そして、アメリカ各地を移動する間に、各所にあるキャンプ専門ショップを視察。
釣り具を主に置く「バスプロ」は、店内に滝が流れるなどの演出がされ、単に小売をするだけでなく来店者を楽しませようとする遊び心が随所に見られました。
basspro
キャンプ専門ショップである「キャンピングワールド」では、日本と違いテントやランタンと一緒にヒッチやウェイトディストリビューターが置いてあります。当然駐車場には、フィフストレーラーや3軸トレーラー、そしてエアストリームが普通にあり、キャンピングカーが溶け込んだ本場アメリカを実感してきました。
wallcamping

旅の締めくくりには、今年のエアストリームディーラーミーティングにてトップディーラー賞を受賞した「エアストリームベイエリア」を訪問。ショップ内の見学やショップマネージャーのボビーとエアストリームや各国のキャンプ事情について会談をしてまいりました。
boby
no
展示ルームでは、何よりその在庫の数に圧倒(100台以上)されました。さすがアメリカ・・・スケールが違います。
tenji
bayarea
長旅も無事に終わり、書き出したらキリがないほどの成果も得てきました。
「スケールが違う」「アメリカだから」と言ってしまえば簡単ですがそうではなく、なんとかここで得た感動を日本に届けたい・・・
この貴重な経験と情報を生かし、皆様へ感動をお届けできるよう「それぞれの感動と冒険のご提案」を目指していきたいと思います。

これからも、進化をし続けるエアストリームジャパンへ、どうぞご期待下さい!!