イベント・展示会レポート

星空キャンプ in 浜名湖渚園(合同キャンプ大会)

桜も満開を迎え、暖冬と言えど寒かった冬が終わり、まさに春!という季節になってきた4月9日〜10日にかけて、ケイワークスさまとの合同キャンプ大会が開催されました!
総勢200名超という過去に例のない規模のキャンプ大会となり、いろんなことが起こりましたがとても楽しい2日間となりました。
yakei
ineshot

海鮮やお肉のバーベキュー、ビンゴ大会にワイン試飲会など、その他当日の楽しい模様は下記にてご紹介しております。
エアストリームジャパン公式Facebook 星空キャンプの記事
ケイワークスさま公式ブログ 星空キャンプの記事

合同キャンプということで、ケイワークスさまと当社合わせて総勢10台のエアストリームが並んだ姿は圧巻の一言。
以下に当日お越しいただきましたエアストリームオーナーさまのお車をご紹介させていただきます!
順番は、当日キャンプサイトに並んだ順です。

ケイワークス社長黒田さま(三菱デリカD:5クルーズ + スポーツ22F)
バンコン+エアストで大家族でも宿泊に問題なし!黒田さまのアイディア溢れる組み合わせです。
kurodasama
野田さま(トヨタFJクルーザー + スポーツ22F)
かっこよくカスタムされたFJクルーザーとエアストリームの組み合わせ、とても絵になります!
nodasama
山本さま(BMW X3 + スポーツ22F)
当日はエアストリームのオーニングの下でたくさんのお仲間とお集まりになっていらっしゃいました。写真のテントはお仲間の宿泊用でしょうか?
yamamotosama
浅井さま(インフィニティQR56 + サファリ25F)
日本では珍しいインフィニティのSUVと今はもう生産終了となってしまったエアストリームサファリという知る人ぞ知る類稀な組み合わせの1台。
asaisama
服部さま(フォードF150 + インターナショナルシグネイチャー23F−FB)
ヘッド車もエアストの車内も、アメリカンスタイルで統一されたおしゃれな組み合わせ。当日は雑誌社の取材に引っ張りだこでした。
hattorisama
エアストリームジャパン田中清貴(三菱デリカD:5 + スポーツ22F)
恥ずかしながら本レポートの執筆者の車両です。このデリカは世界で初めてエアストリームを引き、けん引できることを証明した記念すべき車体です。
kiyo
高田さま(BMWX5 + インターナショナル25F)
2トンオーバーのアメリカンキャンピングトレーラーとヨーロッパ車という組み合わせは、「アメリカントレーラーはアメ車じゃないと引けない」という通説を見事に打ち破っていただいています。様々なヘッド車との組み合わせが楽しめるのも、トレーラーの魅力の一つですね。
takadasama
中神さま(シボレーエクスプレス + サファリ25F)
当社オーナーさまの中で、購入時最年少記録保持者である中神さまの車体は、現在生産が終了しているモデルのサファリ。ご購入から10年以上ご愛用いただき、今でもそのアルミボディは購入当時から変わらず光り輝いています。
nakagamisama
エアストリームジャパン安部店長(トヨタランクル80 + インターナショナルシグネイチャー25F)
当社店長はエアストリームオーナーとしても17年選手、車体は以前のサファリ25Fから乗り換えたエアストリームジャパン20周年記念モデルです。ちなみにヘッド車は走行距離34万キロの今でも現役、日本の名車の底力を体現しています。
manajor
エアストリームジャパン田中社長(フォードF150ラプター + クラシックエクセラ28F)
今回のキャンプ大会1のロングボディにして古い車体、1994年製で22年経った今でもバリバリ現役で走っています。クラシックシリーズのゴージャスな車内とラインの入ったボディデザインは今でも色あせていません。改めて、エアストリームの頑丈さと耐用年数の長さを物語っています。
エアストリームジャパンの歴史そのものです。
president

次回キャンプ大会も、盛大で楽しいものになれるよう頑張ります!
今回お越しくださいました皆さまも、ご都合がつかなかった皆さまも次のキャンプでまたお会いできることを楽しみにしています!!
shyugo
rousoku